スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超文学フリマ出品しました。

4月28日に開催されたニコニコ超会議2で、行われた超文学フリマに出品いたしました。

今回は『零円』8号と、『群青の月』(小説)が最新刊になります。

お立ち寄りいただいたみなさん、

購入していただいたみなさん、

ご協力いただいたみなさん、

ほんとにありがとうございました。

超分学フリマ2


超文学フリマ
スポンサーサイト

第十五回文学フリマ報告

今日は文学フリマでした。
零円出版も『零円』7号を配布しようと朝からフリマに行ってまいりました。
売り場の状況は以下の通りです。
いつも通りの味気ない売り場作りです。
そろそろ見せ方にも工夫をこらさなくては。。。

DSC_0580_convert_20121118202952.jpg

売り場に並んでいるのは、

・『零円』6号(BN) 無料 5部

・『零円』7号(最新号) 無料 20部

・『砂時計』(小説集) 50円 8部 

・『群青の月(前編)』(リレー小説) 50円 19部

・『古典常識一問一答』(問題集) 50円 32部


です。


DSC_0581_convert_20121118203039.jpg

新しいのは7号と、『群青の月』だけで、少し寂しい感じです。
前日にプリンターの故障というアクシデントに見舞われ、部数自体も物足りないのですが、
とりあえず出版するところまではこぎつけられたのでよしとする。

気になる売上ですが、
7号は終了時間までにすべて配布し終わることができました。
そして、『砂時計』が4部、問題集が1部売れたので売上は250円です。

中には中をパラパラ見て面白いと言ってもらってくれる方もいらっしゃり、感謝の言葉がつきません。
作ってよかったと思いました。

次回以降もより面白いものを、そして内容の濃いものを目指して精進していきますので、
どうぞよろしくお願いします。




フリマに出品するもの

11月18日の文学フリマに出品するものをお知らせします。


・『零円』7号

・『零円』バックナンバー

・リレー小説『群青の月』(前編)

・『古典文学一問一答』

・『砂時計』(小説集)


配置番号 ウ-60
ノンフィクションのブースでお待ちしております。
お気軽にお立ち寄りください。

淡嶋神社

人形供養と針供養で有名な淡嶋神社に行ってきた。
大阪と和歌山の境目、和歌山県の加太にある淡嶋神社は、紀伊水道に面したのどかな港町にあった。
近くには加太の港や海水浴場があり、その沖には友が島浮かんでいる。取材に訪れた8月13日には、お盆ということもあり、もうあまり海水浴客もいなかった。もう暦の上では秋。しかし、暑い日差しを受けた海岸沿いの町は、去りゆく夏の雰囲気をしっかりと残していた。

加太の港を右手に見ながら海沿いの道を進むと、赤い鳥居が目についた。
そこが淡嶋神社だ↓

DSC_0618_convert_20120815154454.jpg

ここに合計二万体とも言われる人形たちが所狭しと並べられている。どこを見ても人形、人形、人形……。その種類は市松人形、衣装人形、こけし、蛙の置き物、招き猫やお面など様々。人形という人形が神社の境内に所狭しと並べられているところはまさに圧巻というべきだろう。




DSC_0582_convert_20120815154732.jpg




DSC_0597_convert_20120815154824.jpg




DSC_0581_convert_20120815154930.jpg

他にも、紀伊国屋文左衛門が江戸に出る前に奉納したというお稲荷さんなどがある。参拝に来ていた人たちは、家族連れや若い男女など様々でしたが、多くはカメラを持ってきており、この珍しい様子をしっかりと写真にとっていた。淡嶋神社のホームページによると、夜九時までは参拝できるとのこと。ホラーな雰囲気を楽しみたい人はぜひ夜にということなのだろうか。


ノンフィクション ブログランキングへ

文学フリマ報告

ゴールデンウイーク最終日の本日、流通センターで開かれた文学フリマが終了しました。
零円出版では、『零円』の最新号の他に、『古典常識一問一答』と『動詞の活用練習帳』の2点を出品しました。

DSC_0481_convert_20120506214031.jpg

過去の出版物も含めると合計9点の出品。フリマに売り始めて2年目にもなると出品できるものも多くなってきます。ただ、創作物に新刊がないので、実質売れるものがほとんどないのが残念でしたが。

DSC_0482_convert_20120506214800.jpg

今回の『零円』新刊の特集は、「缶入りコーンスープ論―粒をめぐる考察を中心として―」と題して、どこのメーカーのコーンスープが一番粒が多いのかというテーマを中心に論文にまとめました。表紙のイラストはそれを意識して、円錐の方の「コーン」を使用。缶入りコーンスープお決まりのセリフともいえる「開ける前には必ずよく振ってください。」の言葉を添えました。
ブースに来てくれた方々がフリーペーパー片手にとり、振り振りして持ってってくれたことにはささやかなよろこびを感じました。持っていってくれた方ありがとうございました。


DSC_0484_convert_20120506214829.jpg

今回買ったのは(いただいたのも含めて)以下の7点です。ブースをぶらぶら見てあるいているとついつい色々買いたくなりますが、これだけに押さえました。楽しみにしていた『季刊レポ』が全部そろったのは今回のフリマの収穫の一つです。

DSC_0486_convert_20120506214716.jpg

映画紹介

モールス
プロフィール

黒石法師

Author:黒石法師
零円出版編集長
1985年生まれ。

フォローミー
零円出版ツイッター
零円出版からの情報をリアルタイムで伝えます。
『零円』バックナンバー
零円2号 中綴じ仕様.pdf001名前消し
『零円』2号
発行:2010年3月25日

零円3号完成 改訂版1.pdf001
『零円』3号
発行:2010年10月20日

零円4号 hyousi.pdf001
『零円』4号
発行:2011年3月25日

零円5号 表紙 0001
『零円』5号
発行:2011年11月3日

零円6号 表紙0001
『零円』6号
発行:2012年5月6日

零円7号 表紙0001
『零円』7号
発行:2012年11月18日

古典常識一問一答〔人物編〕
入試でよく問われる文学史上の人物を中心に70名を取り上げ、5択のクイズ問題にしました。
零円出版の本
syousetu_20121119215608.jpg
『砂時計』(小説集)
発行:2011年6月10日
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1142位
アクセスランキングを見る>>
ただいまの訪問者数
android
検索フォーム
RSSリンクの表示
各雑誌HPへのリンク
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

零円資金稼ぎ企画「競馬で一発当てたろう!」参考資料『JRA出馬表』
JRA 全レース出馬表のブログパーツです。 開催日には単勝オッズも更新しますし、レース確定後には着順に並び変わりますのでレース結果の確認できます。
おすすめ図書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。